2009年05月24日

「ダヴィンチコード」の謎を解く 書いても見えないペン☆

ダヴィンチコードにでてくる書いても見えないペンが実際に存在した!

書いても見えないペンで文字を書いて専用ライトで照らすと、
文字が浮かび上がるらしい!!

きゃ〜欲しい!!

昔からいろんなペン流行らなかった?
ミルキーペンとか。
ミリペンとか。(未だに愛用している)
あとペンの端もって揺らしたらまっすぐじゃなくて、曲線に見えるのとか。

この書いても見えないペンも流行るかも!!?

でも、どういう仕組みなんやろ?
そっちの方がよね。。
posted by ちゅん。 at 12:39| Comment(0) | 映画。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

「ダヴィンチコード」

ダヴィンチコードテレビで見ました。

おもしろかった。
本と映画のギャップをあんまり感じない。
というか場面がすんごいスピードでかわってく。
本を断片的につないだ感じ。

だから、本読んでないor歴史に詳しくない人にはいきなり映画見ても難しいかも。
例えばお酒飲んでたエミィがなんでいきなり倒れたのかわかりようがないよね。
あと、ソフィーがおばあちゃんに会うシーン。
ちょっと違った記憶が。

やっぱり、「天使と悪魔」の本買おうかな☆
posted by ちゅん。 at 00:08| Comment(2) | 映画。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

「天使と悪魔」

映画「天使と悪魔」がもうすぐ公開されるね。

ダヴィンチコードの第二作ということだけれど、
なんでこんなにタイトルが違うの?と思うのは私だけ?

ダヴィンチコードはすごく注目されてたけれど、
私の周りには面白かったっていう人と、
そうでなかったって人とわかれてた。

私は映画見てなくて、図書館で本を借りて読んだんやけど、
ちょ〜おもしろかった。
ああいう、歴史系ミステリーって怖くて面白い。

ということで、「天使と悪魔」も見てみたいんやけど、
こないだテレビでイタリア取材してたらウトウト眠い(睡眠)
なんでやろ。。

でも、映画より本の方を読みたい。
こういう、両方出てるものって、
そのギャップがすごくない?
ハリーポッターとか本はすごい面白いのに、
映画だと別物に見える。
ストーリーは一緒なんやけど、
自分の想像とは違ったり、
映画で視覚的に見てしまうとそのイメージが強くなって、
おとぎの国(自分の中の想像)が消えたり。

今回の「天使と悪魔」もたぶん本を読んで終わるような気がする。

誰か映画見に行ったり、本読んだりしたら感想を教えてぇ。
posted by ちゅん。 at 20:59| Comment(0) | 映画。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。