2010年11月20日

グアム 滞在記 day1

京都駅から始発の空港バスに乗るために起床。
まだ動き始めていない街。
私の頭もぼんやり。。

もっと緊張したり、
「ついにこの日がきた!」とか、
思うのかと思ってたのに。

いつも通りバスチケットを購入し、
いつもと同じバスに乗り込み、
目を瞑っていても歩けそうな関空ロビーを横切り、
空港内シャトルを懐かしく思っていたら、
意外と普通だった(笑)

関空からグアムまでは3時間半くらい。
ドリンクを飲み終わったころ、
お隣のご夫婦がサンドイッチと紅茶をおすそ分けしてくれたハートたち(複数ハート)
なんか和むな〜。

そうこうしていると機内食がでてきた。
ご夫婦は機内食がないとの情報を聞き、食事を持参しておられたのだとか。
ということで、2ndランチを食すかわいい

そうこうしているうちに、グアムに到着。
近い。
そして日本人ばかりexclamation×2
日本からの飛行機で行ったから当然と思われるかもしれないけれど、
私いまだかつてあんなに日本人率が高い飛行機に乗ったことはありません。
そして、空港スタッフも日本語を話せるひと多数。
初めての海外には是非グアムをオススメしますグッド(上向き矢印)

空港からホテルまでの街並みは全然外国という感じがしなかった。
確かに看板とかは外国語なんだけれど。。。

ただその日選挙が行われていたらしく、
投票所(?)一帯は人が集まっていた。

運転手さんがすごく愉快なひとだったるんるん
そして、私が試験を受けにきた事を言い当てた!!
(後で知ったんだけど、グアムに一人できている人は試験目的が多いんだとか・・・)
そんなこんなで話がはずんだわーい(嬉しい顔)

グアムの人って、すごく楽しんで生きてる感じを受けた。
やってることは日本人と同じでも、
楽しんだらあかん感が全然ないというか。

やっぱり international な環境にいるひとって
異質なものを受け入れざるをえないから、
視野が広くなるというか。
結果、人と人とがすぐに繋がっていく。

日本って、人の輪が広がりにくいと思うの。
自分とは面識ない人を誕生日パーティーによんだり、
みんなでBBQ行ったりとか、
そういう機会が圧倒的に少ない。

日本に限らず、
アジアの文化なのかもしれないし、
それはそれでいいところもあるんだけれど。

でもやっぱり、見えないところで人が繋がっていく感覚を一度身につけると
やめられないというか。。

ということで、久しぶりに海外の感覚に戻ってきたところで一日目はおしまい。

写真は宿泊した Pacific Islands Club の一室。
このホテルは何と言ってもアクティビティが豊富。
プライベートビーチはもちろん、
なんていうの? 
ウォーター ワールド?
スベリ台ついてるプールとか、
ヨット乗れたりとか、
お魚と一緒に泳げたりとか。

試験受けに行ったのに、こんなホテルをちゃっかり選んでるところが
自分でも面白い。
だって、ひとりじゃ遊びにいかないとおもったんだもん目

CIMG4419.JPG
ラベル:グアム
posted by ちゅん。 at 23:34| Comment(2) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
グアムに行ったことないな〜。でも、はるるんが泊ったホテル、聞いたことある!

台湾では、友だちの友だちの披露宴に出席するなど、新郎新婦が直接知らない人も披露宴会場にいるんだって。確かに、初めて行った披露宴で、急遽テーブルを出して席を作ってた^_^;
Posted by いんこ at 2010年11月21日 00:13
いんこさんへ

グアムひょっとして近いんじゃない??
でも台湾と同じような気候かも?

そのホテルはサイパンにもあるらしいよ♪

知らない人の結婚式に出席!?
そりゃすごい。
ぃや〜、日本もそれくらい開けておいてくれたらな〜。
Posted by ちゅん。 at 2010年11月26日 23:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。